電力会社乗換【PPS】について

藤田設備藤田設備空調設備メンテナンス電力会社乗換サービス事例会社概要

建築基準法第12条第1項の規定により、 特定行政庁が指定する特殊建築物等の所有者
(所有者と管理者が異なる場合は管理者)は、 定期に専門技術を有する資格者に調査をさせ、
その結果を特定行政庁に報告しなければなりません。

対象物件

  1. 用途:学校
    用途の規模:
    床面積合計が2,000平方メートル超
    または全部もしくは一部が3階以上の階
  2. 用途:病院、診療所(患者の収容施設のあるもの)、ホテル、旅館、寄宿舎
    用途の規模:
    床面積合計が300平方メートル超
    または全部もしくは一部が3階以上の階
  3. 用途:劇場、映画館、演芸場、観覧場、公会堂、集会場
    用途の規模:
    床面積合計が200平方メートル超
    または全部もしくは一部が3階以上の階
  4. 用途:百貨店、マーケット、公衆浴場(個室付浴場業に限る)
    用途の規模:
    床面積合計が500平方メートル超
    または全部もしくは一部が3階以上の階

報告義務

上記対象物件に県市町村などの行政から定期調査報告提出の通知がなされます。
報告の有無、点検結果は公表されます。
定期的な調査・検査の結果を特定行政庁に報告することは、所有者・管理者に課された義務であり、定期報告をすべきであるのにしなかったり、虚偽の報告を行った場合は、罰則(百万円以下の罰金)の対象となります。

費用


見積無料です。お問い合わせください。
参考 延床面積 u単価 100円から (延べ床面積 500uの店舗など \50,000‐)
別途 (経費・壁面追加調査など)

 

お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

 




太陽熱利用システム

 

空調設備 メンテナンス・点検のことなら藤田設備空調設備メンテナンス・点検サービス電力会社乗換PPSサービス事例会社概要お問合わせlink
Fujitasetubi all rights reserved designed by Rdesign